Contact
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

電話 090-5564-7700

 

facebook

日々の諸々

 

 

Twitter 

クリーンランゲージ と意識の発達関連

 

 

Instagram  

子育て関連

 

​お問い合わせはこちらから

© 2019 Naoe Kanda All Rights Reserved.

シンボリック・モデリング 個人セッション

個人の内的な成長を促すシンボリック・モデリングの個人セッションです。最初にヒアリングをした後、「あなたは何が起きれば良いのでしょう?」という問いから始まります。

 

私は、クライアントであるあなたの言葉を反復し、そしていくつかの「クリーンな問い」をします。そうしているうちに、やがてあなたは、自分の内側にあった世界をまるで絵を描くかのように語り出すことでしょう。その絵こそが、あなた自身の固有の世界であり、そこには問題を解決するためのアイデアも、リソース(資源)もあります。

つまり、私は何も提案もせずに、あなたが自分の中から前に進むために必要なものに気づき、考え出すということです。しかも、それらは全て、あなたの中にあるという事を知ることができるでしょう。

 

思考レベルでは突破できないことを抱えている時、より深く自分自身の内側を探求したい時に特にお勧めです。(クリーン・ランゲージについての詳しい説明はこちら)説明ページのリンク

 

シンボリック・モデリング個人セッション 60分 8,000円(単発)

                    60分×2回 15,000円(2回セット)

 

お申し込みはこちらから

平日20時〜22時の間の任意の60分間、オンラインでセッションをお受けしています

週末、月に1〜2回の頻度で、群馬県前橋市内での対面セッションをお受けしています

〔クライアント様からの声〕

●まず、整合性が取れていなくてもいい、伝わらなくてもかまわないという前提に、妙な安心感を感じたことに対して、普段の自分がいかにうまく答えようとか、より的確に表現しようとか、
場にふさわしいとか、意に沿いたいとかそういう力が無意識に働いていたのだなあ という発見がまずあった。

 

確かに、自分が 内的に体験していることって、言語では含みきれない。

言葉にしたとたんに たちまち 真実から 遠ざかってしまって
いや、、なんか 違うんですよねえ・・ってことを 何度となく経験してきたし

とても大切な感覚であればあるほど、迂闊に 言葉にはしたくないくらいのものもある。

それを "メタファー" という 感触 だったり イメージだったりのまんま ホールドするということは
実はより真実に近いものなのかもしれない。

 

今まで 考えたこともなかったような角度からの質問に、

繰り返し くりかえし 答えているうちに

ほお、自分が 経験しているのは、 実はこういうことだったのかあ

こんなことを 体験してみたいと思っているのかあ、なるほどねえ

と、意識下に眠っているのに動いている 仕組みみたいなものの輪郭が浮かび上がってくる感覚。

 

セッションが終わって数日たっても、まだじわじわと気づきがある。ああ! つまり、あのメタファーの中には、これから 現実化されるのを待っているビジョンさえも含まれていたのだなあ。

(香川県 T様)

 

●2回目のセッションでは、自分の胸の中にある小さい塊を見ました。

恐怖だと思いました。

そして、私にとって勇気を出す、という概念こそが

恐怖に彩られていることをあらためて知りました。

 

殻を破るイメージが沸いた時に、

自分の内側の塊とは本当にはリンクしないのだ、

その塊をなくす努力(!)をしないといけない、

でないと破けない、と思っていたので、

リンクする言葉が出てこなかったことは衝撃でした。

関係はない、といった自分に驚きました。

 

 

そして実生活の中でも変化がありました。

2回目のセッションの直後、ある出来事がきっかけで、

この3年くらいの自分を走馬灯のように振り返りました。

すると、自分自身が見えました。カラカラ空回りながらも、

なるべく力を入れないように自分をそのままで出そうと

してきた自分。そしてそれを見る周りの目。

(すごく好意的というわけではない。でも悪意はあまりなく、

どちらかというと軽く見られている。好奇の対象のような。)

 

ただ、この周りの目に気づけたことが、

自分の言動を後悔することには繋がりませんでした。

ここが、本当に大きいです。

仕方ない、そのままの空まわっている私でよしとしないなら

それはいらないな、と思えました。

時期的にも人間関係が丁度切り替わるタイミングなので、

ピースが揃ったように感じました。

 

これからもこの自分で行こうと思います。

そして、怖いまま進んでみようかなと思いました。

(東京都 K様)