• NaoeKanda

「お母さんがご機嫌」の勘違い

今日で2月から始まった

【親子の歯車を合わせる子育て

        ベーシックギア】が

水曜コース、金曜コース全て終了しました

 

 

 

私がこのコースをやろうと思った

最後の一押しは

 

「お母さんがご機嫌な事が大切」

という言葉の一人歩きに

自分の中で信号が点滅したからです

 

 

 

「お母さんがご機嫌」という状態は

単にそれまでのストレスや我慢を放り投げて

〝それをしてたらやる気が出てくる〟

という興奮状態になることだけをする

という事とは、私は違うと思っています

 

 

 

子どもの発達段階やテーマに合った関わり

そしてその関わりの中で起きる感情

 

この2つを丁寧に捉えること

矢印を自分に向け続けること

 

その先に

「私ってどんな人間か」があり

 

それを知れば知るほど

自分の内側から喜びが勝手に溢れてくる

 

つまり、外側にある刺激に反応して

「ご機嫌」になるのではなく

内側から「ご機嫌」になっていくと

私は思ってるんですね。

 

 

 

たった4回の中で

いきなりそこに到着することは

難しいですが

 

そこへ向かう為の

必要最小限のツールを

お渡しするのが、このベーシックギア

 

 

 

 

 

4月以降に、引き続き開催していきます。

ご興味おありの方は、お問い合わせ下さいね。

 

 

 

 写真は、金曜コースをやらせていただいた

(クス・クシュ) さんのいつかのランチ

 

講座終わりに、家の調味料やハーブティーを

お買い物できたのもラッキーだったな⭐︎





4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

たった今の自分に安心する

みなさんの今年1年は、満足のいく年でしたか? 昨晩はクリーンのセッションでした。 ちょうど、今年もあと半月で終わり というタイミングでしたので 残り半月がどんな風だったら良いか あるいは、来年はどんな風にスタートしたいか そんな雑談から始まり、、、、 (中略) セッションを終えてみて 「すごく安心しました。自分に。」 というような感想をいただきました。 ーーー 私も含め、多くの人は 「こうなりたい

その先に

私のやっている講座やセッションでは いわゆる【効果】や【気付き】が嬉しくて ついそこを伝えることをしてしまうのだけど 【その先にどんな世界を見ているのか?】 と、改めて自分に問いかけると 赤ちゃんや小さな子どもが そこに居るだけで 歓迎されたり喜ばれたりするように 私自身も、そして周りの人も 自分やお互いを祝福し合って 喜びながら生きている そんな繋がりを持ちたい そんな社会にしたい という想いが

Contact
​お問い合わせ、研修・講座依頼
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

© 2019 Naoe Kanda All Rights Reserved.