• NaoeKanda

「これ、学校でも教えてくれたらいいのに!」

と言われたのは、いろんな講座をやってきて初めてでした。 今、#ドラマフリー という 「不必要な感情ドラマから一歩離れて  自分が本当に望む関係にシフトするためのワーク」 を、2時間×4回に分けてお伝えしています 私自身も昨夏に学び 以来、自分の毎日の中の至るシーンで 実践してきました 最初に私に起きたことは 「人が話していることの聞こえ方が変わる」 ということです その人が「ドラマに入ってるなぁ」と思った時は それに巻き込まれないように 自分自身に注意深くなりました 妄想ばっかりで、話の中に「事実」が ほとんど含まれていない なんて時もたまにあります そんな時は 建設的な話し合いや お互いの違いを越えて、信頼関係で結びつく なんてことは、到底無理です じゃあ、そういう時にはどうすれば良いのか? という事も、実践レベルでだんだん掴めてきました



//////////////////////////



少し前から、世の中では?ネット上では? 「多様性のある社会」「協働」「共創」 「ダイバーシティ」 というような言葉を多く見かけるようになりましたが そのような状態に向かう時 この#ドラマフリーというツールは 必須と言っても良いくらい とても具体的で、且つ理解しやすい構成になっています そして、今日はちょうど3/4回目の日で 参加者の方々から、「お伝えする側としての私」へ どんなところが良くて、どんなところがイマイチなのか フィードバックをしてもらう日でした

フィードバックっていうのは簡単にいうと「評価を伝える」 という事です そして、このフィードバックのおかげで 毎回、回を重ねるごとに 「分かりやすく伝える」 「コミュニケーションの筋トレが自宅でもできる」 ようになるツールが生まれております


参加者の方にはフィードバックの練習になり 私にとっては、講座がどんどん良くなる、そんな3/4回目の日 魅力は色々あるのですが ここでは書ききれないので ご興味ある方は4/11(土)の#ドラマフリー1dayに お越しくださいませ( ´ ▽ ` ) チームでの参加も非常にオススメです! (チームでコミュニケーションの  共通言語を持つ有益さと言ったら!)

 

 

 

それで、肝心の#ドラマフリー1dayの

詳細ページがまだできていないので

facebookの方に投稿したイベントページを

貼っておきますね!

 

https://www.facebook.com/events/2783226731714357/



facebookにアカウントない方でも見られると思います。

ご参加希望の方は、HP内「問い合わせ」より

ご連絡くださいませ!


 


3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

お母さんについて話してください

今夜は、家族の座(ファミリーコンステレーション)を 共に学ぶ仲間とインクワイアリーをしました。 「お母さんについて話してください」 こう問われると、みなさんの中には どんなことが浮かんできますか? どんな人でも、「お母さん」から生まれますよね。 お母さんって、子どもにとって 特別な存在だと思うんです。 生まれたばかりの(まさに生まれたばかりの!) 赤ちゃんが、お母さんとそうでない人とを 識別してい

秘密とつながる

どんな家族にも、「あんまり人に言いふらしたくないこと」があると思います。 アルコールやお金の問題、性的なことや精神的な病気のことだけでなく 「実はうちのおじいさんってね・・・」みたいなことまで。 聞かれたら話せるけれども、話すときに羞恥心を感じる なんてこともあるかも知れませんね。 そしてその、「あんまり人に言いふらしたくないこと」は 家族にとっての秘密です。 ファミリーコンステレーションを学び始

家族というサバイバル

「家族」という時、私には2つの家族があります。 1つは、私が生まれ育った家族。 もう1つは、今、私と夫が育んでいる家族です。 生まれ育った家族を想った時 真っ先にやってくるのは「サバイバルだったな〜」ということです。 周りの状況を常に拾い、それらの情報を子どもなりに判断してベストを導き出す。 何に対してのベストなのか? 私が最も認めてもらえるであろう、ということに対して。 何が正解か分からずに、考