• NaoeKanda

「聴く」を体感で理解するのに3年

昨日は二子さんの

【人と人の〝つながり〟を取り扱う

  プロフェッショナル養成コース」

の最終回でした


色んな事を学んだけど

人が防衛モードになっている時を

アーリートラウマから紐解く

という事が、私にとっては新しい学びでした



で、昨日、私が聞き役で

「その人の防衛パターンを紐解き

 本当の願いはどこにあるのか」

というワークをしたのですが


ここ3年の学びの成果を

自分で感じる事ができて

ほくそ笑みました



もちろん、まだまだではあるのだけど

なんていうか「聴く」ということの

一連の流れが、体感でやれるようになった

という感じ




クリーンランゲージの

シンボリックモデリングを学んだ事は

間違いなく私の基礎になっているし


この〝つなプロ〟では

細かな技術のインストールと

自分自身の防衛に気付くセンサーの感度UP


そして、ダソの

セッションギバー・トレーニングで

「そこにいる」という事が分かり始め

今までに私がやりがちだった

オーバーワークになったりする事が減り

自分と人への信頼、ということの芽が

むくむく伸びてきているのを感じてます

 

 


良い「先生」に出会えて、良かったなぁ

 

 

 


線路は続くよどこまでも

 

 

 


 

こちらは、昨晩帰宅したら

私の机にあったプレゼント


26回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

お母さんについて話してください

今夜は、家族の座(ファミリーコンステレーション)を 共に学ぶ仲間とインクワイアリーをしました。 「お母さんについて話してください」 こう問われると、みなさんの中には どんなことが浮かんできますか? どんな人でも、「お母さん」から生まれますよね。 お母さんって、子どもにとって 特別な存在だと思うんです。 生まれたばかりの(まさに生まれたばかりの!) 赤ちゃんが、お母さんとそうでない人とを 識別してい

秘密とつながる

どんな家族にも、「あんまり人に言いふらしたくないこと」があると思います。 アルコールやお金の問題、性的なことや精神的な病気のことだけでなく 「実はうちのおじいさんってね・・・」みたいなことまで。 聞かれたら話せるけれども、話すときに羞恥心を感じる なんてこともあるかも知れませんね。 そしてその、「あんまり人に言いふらしたくないこと」は 家族にとっての秘密です。 ファミリーコンステレーションを学び始

家族というサバイバル

「家族」という時、私には2つの家族があります。 1つは、私が生まれ育った家族。 もう1つは、今、私と夫が育んでいる家族です。 生まれ育った家族を想った時 真っ先にやってくるのは「サバイバルだったな〜」ということです。 周りの状況を常に拾い、それらの情報を子どもなりに判断してベストを導き出す。 何に対してのベストなのか? 私が最も認めてもらえるであろう、ということに対して。 何が正解か分からずに、考