• NaoeKanda

「聴く」を体感で理解するのに3年

昨日は二子さんの

【人と人の〝つながり〟を取り扱う

  プロフェッショナル養成コース」

の最終回でした


色んな事を学んだけど

人が防衛モードになっている時を

アーリートラウマから紐解く

という事が、私にとっては新しい学びでした



で、昨日、私が聞き役で

「その人の防衛パターンを紐解き

 本当の願いはどこにあるのか」

というワークをしたのですが


ここ3年の学びの成果を

自分で感じる事ができて

ほくそ笑みました



もちろん、まだまだではあるのだけど

なんていうか「聴く」ということの

一連の流れが、体感でやれるようになった

という感じ




クリーンランゲージの

シンボリックモデリングを学んだ事は

間違いなく私の基礎になっているし


この〝つなプロ〟では

細かな技術のインストールと

自分自身の防衛に気付くセンサーの感度UP


そして、ダソの

セッションギバー・トレーニングで

「そこにいる」という事が分かり始め

今までに私がやりがちだった

オーバーワークになったりする事が減り

自分と人への信頼、ということの芽が

むくむく伸びてきているのを感じてます

 

 


良い「先生」に出会えて、良かったなぁ

 

 

 


線路は続くよどこまでも

 

 

 


 

こちらは、昨晩帰宅したら

私の机にあったプレゼント


26回の閲覧

最新記事

すべて表示

場をホールドする

ここしばらくの間に、いくつかの「場」を持ったのですが その時に、私は自分の中でいくつかの実験をしてまして 自分の言葉(使う言葉、トーン、量など)や 自分の態度(見た目の態度というよりは、在り方の部分)が どのように場に影響しているのだろうか?と ーーーーー 場を開く時には、自分なりの「めあて」のようなものがあります。 で、それをどこに置くか? 割と自分に近いところに置いた時と 割と遠くに置いた時(

Contact
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

電話 090-5564-7700

 

facebook

日々の諸々

 

 

Twitter 

クリーンランゲージ と意識の発達関連

 

 

Instagram  

子育て関連

 

​お問い合わせ、研修・講座依頼

© 2019 Naoe Kanda All Rights Reserved.