• NaoeKanda

【健やかな関係のために〝ありがとう〟を】



「すみません」という言葉

 

 

まだそれほど親しくないお家や

ちょっと目上の人のところを訪ねたときに

いれてもらったコーヒーを

「すみません」と言って受け取る

 

 

外出先で、子連れで荷物多めな私をみて

荷物を一緒に運んでくれた人に

「すみません」と言う

 

 

 

 

すみません、私はあなたに飲み物をいれて

もらえるような者じゃないのに

 

すみません、あなたの時間を奪ってしまって

 

ということなのかなぁ

 

 

 

すみません、見ず知らずのあなたに

荷物を持たせてしまって

 

すみません、本来なら私がやることなのですが

 

ということなのかなぁ

 

 

 

 

いずれにせよ、こういうのって

ちょっと違和感があるな、って感じてて

 

どんな違和感だろう?

って感じてみたら

 

 

あぁ、「自分で決める」ということが

尊重されてない感じがするからなんだなぁ

 

 

お茶を煎れると決めたのは

お茶を煎れた人

たとえ仕事であっても


 

仕事なり役を引き受けると決めたのは

引き受けたその人

たとえ仕事であっても

  


仕事なり役をお願いすると決めたのは

お願いしたその人

 

 

その決定を尊重してない感じ、

そして、

(相手から、あるいは自分から)

力を奪ってる感じが

私にとっては違和感なんだな

 

 

 

私、この辺の境界線とか、

主権を自分の中に持つとか

けっこうテーマ大きいな

と思ったのでした

 

 

 

※追記

心から謝ってる「すみません」は、また別ね

5回の閲覧
Contact
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

電話 090-5564-7700

 

facebook

日々の諸々

 

 

Twitter 

クリーンランゲージ と意識の発達関連

 

 

Instagram  

子育て関連

 

​お問い合わせ、研修・講座依頼

© 2019 Naoe Kanda All Rights Reserved.