• NaoeKanda

いつまで経っても未熟者、という感覚

「いつまで経っても未熟者」

 

という感覚が私にはあって

何を学んでも、たくさん練習しても

「いつまで経っても未熟者」だった

 

 

それのおかげで

例えばクリーンランゲージみたいに

貪欲に学ぶ姿勢が育まれたという

一面もあれば

 

 

適性な価格がつけられない、とか

自信をもって展開していけない、という

フリーランスとしては

ちょっとヤダなぁ、という事も起きていた。

 

 

  


「いつまで経っても未熟者」

 

これは、どこからくるのか?

どうしたら自信を持って前に進めるのか?

 

これまで自分でも散々考えたし

友人に聞いてもらったこともあれば

プロに力を貸してもらったこともある。

 

 

その度に

「あぁ、こういうロジックか」とか

「こっちにフォーカスしよう」という風になり

実際に数日間は

「いつまでも未熟者でいる必要はない」

というところに立てた。

 

 

 

 

 

だけど

 

数日経つと、やっぱりあるのよね

 

「いつまでも未熟者」っていう感覚が。

 

 

 

 💫

 

 

 

昨年12月、初めて家族の座に参加した時

私はファシリのダソにこの事を話した。

 

 

どんな風にワークが進められたかは

ここでは省略するけれど

 

 

そこで出てきたのは

私の父への想いだった。

 

 

 

 

父は、就職して数年の時に

突然に祖父が亡くなり

染色の仕事を辞めて大阪から群馬に戻り

三男だけど家を継いだ

(田舎だから、大抵は長男が継ぐ)

 

 

 

この事が、私に大きな影響を与えていた

 

 

正確に言うと

この事から、私は勝手に父の荷物を担いでいた

 

 

 

  💫

 

 

 

自分が何を担いでいたのかを知り

親子としての、本来の正しい立ち位置に戻る

 

 

ざっくり言うと、ワークではそれが行われた。

 

 

 

もちろん泣きましたよ。

えぇ。

 

 

 

  💫

 

 

あれから8ヶ月程過ぎた時

ふと、自分の中にあった

「いつまでも未熟者感」が

随分と薄くなっている事に気がついた。

 

 

もちろん、かと言って万能感がある訳じゃなく

たった今の私はこれはできる、これはできない

ということが単にクリアになっている感じ

 

で、そのクリアな仕分けと

自分の感覚が一致している感じになっている。

 

 

この感覚はね〜、すごく楽❗️


 

 

自分の考えと、感覚と、体感の間に

ズレがないのって、すごく楽‼️


 


そしたら、仕事が急に

それまでよりもスムーズに動き出したのよね。

 

  

 

   💫

 

 


「あぁ、家族の座のワークって

          こういうことかぁ。。」

と、1人納得していたのでした。

 

 

 

 

こんなに安全に

自分の奥底にあったものを手放せて

本来の自分で楽に進めるようになる

そんなワークを、ぜひみなさんにもお勧めしたい。

 

 

 

群馬で馴染みがない為か?

私の文章が上手く伝わってないのか?

お申し込みがまだ少ないです。

 

 

けれども、そもそもこのワークを

群馬で受けられることも滅多にないけれど

 

ファシリテーター(コンステレーター)が

熟練セラピストのダソというのもお勧めポイント

 

 

シンプルで繊細なワークほど

誰がやるか?がワークやその後のワークの消化に

大きな影響があると思っています。

 

 

家族の座は、自分の順番だけでなく

他の参加者の座に参加したり見ることも

とても大きな気づきや癒しになります。

 

 

 

丸2日間、どっぷりと

ご自身の中にダイブするなんて

なんて豊かな時間なのかと思います。

 

 

 

ぜひ、諸々調整してご参加下さいね。

 

 

 🔸🔹🔸🔹🔸

 


家族の座 with ダソ

💫仕事、恋愛、パートナーシップ、親子、生き方

様々な所に潜むパターンに気づき、本来の自分に寛ぐワーク

https://resast.jp/events/471732


 

 

こちらは、我が家の朝顔を食べ尽くそうとする芋虫くん



閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今夜は、家族の座(ファミリーコンステレーション)を 共に学ぶ仲間とインクワイアリーをしました。 「お母さんについて話してください」 こう問われると、みなさんの中には どんなことが浮かんできますか? どんな人でも、「お母さん」から生まれますよね。 お母さんって、子どもにとって 特別な存在だと思うんです。 生まれたばかりの(まさに生まれたばかりの!) 赤ちゃんが、お母さんとそうでない人とを 識別してい

どんな家族にも、「あんまり人に言いふらしたくないこと」があると思います。 アルコールやお金の問題、性的なことや精神的な病気のことだけでなく 「実はうちのおじいさんってね・・・」みたいなことまで。 聞かれたら話せるけれども、話すときに羞恥心を感じる なんてこともあるかも知れませんね。 そしてその、「あんまり人に言いふらしたくないこと」は 家族にとっての秘密です。 ファミリーコンステレーションを学び始

「家族」という時、私には2つの家族があります。 1つは、私が生まれ育った家族。 もう1つは、今、私と夫が育んでいる家族です。 生まれ育った家族を想った時 真っ先にやってくるのは「サバイバルだったな〜」ということです。 周りの状況を常に拾い、それらの情報を子どもなりに判断してベストを導き出す。 何に対してのベストなのか? 私が最も認めてもらえるであろう、ということに対して。 何が正解か分からずに、考