• NaoeKanda

お母さんについて話してください

今夜は、家族の座(ファミリーコンステレーション)を

共に学ぶ仲間とインクワイアリーをしました。



「お母さんについて話してください」


こう問われると、みなさんの中には

どんなことが浮かんできますか?




どんな人でも、「お母さん」から生まれますよね。


お母さんって、子どもにとって

特別な存在だと思うんです。



生まれたばかりの(まさに生まれたばかりの!)

赤ちゃんが、お母さんとそうでない人とを

識別していて、お母さんの胸の上でだけ泣き止むとか


大人になってピンチの時や

死の間際に「おかあさーん」と口にするとか


お母さんは自分の命の源で、帰る場所、みたいな

そんな感じがしませんか?





愛し愛され、相思相愛のはずなのに

子どもは、母の言動や佇まいから

勝手にメッセージを受け取って、誤解し

本当ではないことを、自分の中に取り込んで生きていく



よくあることです。




そして、私は母の子どもであると同時に

子どもたちの母でもあって・・・



我が子たちも、私の愛を誤解して

受け取ったりしていくのだろうなぁ






閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

どんな家族にも、「あんまり人に言いふらしたくないこと」があると思います。 アルコールやお金の問題、性的なことや精神的な病気のことだけでなく 「実はうちのおじいさんってね・・・」みたいなことまで。 聞かれたら話せるけれども、話すときに羞恥心を感じる なんてこともあるかも知れませんね。 そしてその、「あんまり人に言いふらしたくないこと」は 家族にとっての秘密です。 ファミリーコンステレーションを学び始

「家族」という時、私には2つの家族があります。 1つは、私が生まれ育った家族。 もう1つは、今、私と夫が育んでいる家族です。 生まれ育った家族を想った時 真っ先にやってくるのは「サバイバルだったな〜」ということです。 周りの状況を常に拾い、それらの情報を子どもなりに判断してベストを導き出す。 何に対してのベストなのか? 私が最も認めてもらえるであろう、ということに対して。 何が正解か分からずに、考