• NaoeKanda

どうか、自分自身に満足する人生を

更新日:2020年11月3日

色んな人が 自分の色を存分に発揮して そして完成するパズルのような この世界が好きだ



時には、自分の色を存分に発揮できない人も 時には、自分の色を勘違いする人も 時には、自分の色を存分に発揮する人も 時には、そのどれにも当てはまらない人も 色んな人がいる。



私がそのどれにも当たるかは分からないし あなたが、そのどれに当たるかも分からない



だけど、楽しくても苦しくても そこに自分自身の生への真摯な姿がある限り そのパズルは美しい





0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

お母さんについて話してください

今夜は、家族の座(ファミリーコンステレーション)を 共に学ぶ仲間とインクワイアリーをしました。 「お母さんについて話してください」 こう問われると、みなさんの中には どんなことが浮かんできますか? どんな人でも、「お母さん」から生まれますよね。 お母さんって、子どもにとって 特別な存在だと思うんです。 生まれたばかりの(まさに生まれたばかりの!) 赤ちゃんが、お母さんとそうでない人とを 識別してい

秘密とつながる

どんな家族にも、「あんまり人に言いふらしたくないこと」があると思います。 アルコールやお金の問題、性的なことや精神的な病気のことだけでなく 「実はうちのおじいさんってね・・・」みたいなことまで。 聞かれたら話せるけれども、話すときに羞恥心を感じる なんてこともあるかも知れませんね。 そしてその、「あんまり人に言いふらしたくないこと」は 家族にとっての秘密です。 ファミリーコンステレーションを学び始

家族というサバイバル

「家族」という時、私には2つの家族があります。 1つは、私が生まれ育った家族。 もう1つは、今、私と夫が育んでいる家族です。 生まれ育った家族を想った時 真っ先にやってくるのは「サバイバルだったな〜」ということです。 周りの状況を常に拾い、それらの情報を子どもなりに判断してベストを導き出す。 何に対してのベストなのか? 私が最も認めてもらえるであろう、ということに対して。 何が正解か分からずに、考