• NaoeKanda

モンスターペアレントと呼ばれない伝え方

毎日、この小さな人と過ごしていると

ギフトのような瞬間の連続

 



 

本当に、可愛いというか、愛おしいというか、、

 

 

(ちゅうがっこいく!と言って出かけた人。笑)

 



だけど、きっと多くのお母さんが体験してると思うんだけど、言葉でのコミュニケーションに何の疑いも持たなくなってきた頃から、親子のすれ違いって増えていきませんか?

 


小さな時は、言葉だけじゃなく

全身で子どもを感じて、観察して

子どもの目線に合わせるのが

普通にできるのに

 

 

言葉でのコミュニケーションが上手(?)

になると、五感の感度がさがり、

音や文字として表現される言葉に頼ってしまう。

 

 


 

#ドラマフリー 入門講座を

「お母さん」にもお勧めしたい理由は


▶︎子どもの中で起きている事を、子どもの言葉で知る事ができ、その事が親子のコミュニケーションを平らなものにしてくれる

 

▶︎モンスターペアレント、のような伝え方ではなく、園や学校の先生方に「人格を否定せず、感情にも振り回されない伝え方」ができるようになる

 

▶︎自分自身を内省する力が高まる事によって、子育てで悩みや問題だと思っていた事が、別の角度から見られるようになる

 

の3点が主なオススメ理由です◯

 


 

11/24(火)〜、桐生市内にて

「お母さんのための#ドラマフリー入門講座」

始まります!

 

詳細はこちらからどうぞ

https://smart.reservestock.jp/event_form/index/496393




クリーン・ファシリテーター

神田なおえ

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

たった今の自分に安心する

みなさんの今年1年は、満足のいく年でしたか? 昨晩はクリーンのセッションでした。 ちょうど、今年もあと半月で終わり というタイミングでしたので 残り半月がどんな風だったら良いか あるいは、来年はどんな風にスタートしたいか そんな雑談から始まり、、、、 (中略) セッションを終えてみて 「すごく安心しました。自分に。」 というような感想をいただきました。 ーーー 私も含め、多くの人は 「こうなりたい

その先に

私のやっている講座やセッションでは いわゆる【効果】や【気付き】が嬉しくて ついそこを伝えることをしてしまうのだけど 【その先にどんな世界を見ているのか?】 と、改めて自分に問いかけると 赤ちゃんや小さな子どもが そこに居るだけで 歓迎されたり喜ばれたりするように 私自身も、そして周りの人も 自分やお互いを祝福し合って 喜びながら生きている そんな繋がりを持ちたい そんな社会にしたい という想いが

Contact
​お問い合わせ、研修・講座依頼
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

© 2019 Naoe Kanda All Rights Reserved.