• NaoeKanda

モンスターペアレントと呼ばれない伝え方

毎日、この小さな人と過ごしていると

ギフトのような瞬間の連続

 



 

本当に、可愛いというか、愛おしいというか、、

 

 

(ちゅうがっこいく!と言って出かけた人。笑)

 



だけど、きっと多くのお母さんが体験してると思うんだけど、言葉でのコミュニケーションに何の疑いも持たなくなってきた頃から、親子のすれ違いって増えていきませんか?

 


小さな時は、言葉だけじゃなく

全身で子どもを感じて、観察して

子どもの目線に合わせるのが

普通にできるのに

 

 

言葉でのコミュニケーションが上手(?)

になると、五感の感度がさがり、

音や文字として表現される言葉に頼ってしまう。

 

 


 

#ドラマフリー 入門講座を

「お母さん」にもお勧めしたい理由は


▶︎子どもの中で起きている事を、子どもの言葉で知る事ができ、その事が親子のコミュニケーションを平らなものにしてくれる

 

▶︎モンスターペアレント、のような伝え方ではなく、園や学校の先生方に「人格を否定せず、感情にも振り回されない伝え方」ができるようになる

 

▶︎自分自身を内省する力が高まる事によって、子育てで悩みや問題だと思っていた事が、別の角度から見られるようになる

 

の3点が主なオススメ理由です◯

 


 

11/24(火)〜、桐生市内にて

「お母さんのための#ドラマフリー入門講座」

始まります!

 

詳細はこちらからどうぞ

https://smart.reservestock.jp/event_form/index/496393




クリーン・ファシリテーター

神田なおえ

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

お母さんについて話してください

今夜は、家族の座(ファミリーコンステレーション)を 共に学ぶ仲間とインクワイアリーをしました。 「お母さんについて話してください」 こう問われると、みなさんの中には どんなことが浮かんできますか? どんな人でも、「お母さん」から生まれますよね。 お母さんって、子どもにとって 特別な存在だと思うんです。 生まれたばかりの(まさに生まれたばかりの!) 赤ちゃんが、お母さんとそうでない人とを 識別してい

秘密とつながる

どんな家族にも、「あんまり人に言いふらしたくないこと」があると思います。 アルコールやお金の問題、性的なことや精神的な病気のことだけでなく 「実はうちのおじいさんってね・・・」みたいなことまで。 聞かれたら話せるけれども、話すときに羞恥心を感じる なんてこともあるかも知れませんね。 そしてその、「あんまり人に言いふらしたくないこと」は 家族にとっての秘密です。 ファミリーコンステレーションを学び始

家族というサバイバル

「家族」という時、私には2つの家族があります。 1つは、私が生まれ育った家族。 もう1つは、今、私と夫が育んでいる家族です。 生まれ育った家族を想った時 真っ先にやってくるのは「サバイバルだったな〜」ということです。 周りの状況を常に拾い、それらの情報を子どもなりに判断してベストを導き出す。 何に対してのベストなのか? 私が最も認めてもらえるであろう、ということに対して。 何が正解か分からずに、考