• NaoeKanda

分断が生まれる時

すごく怖いなぁ、って今日思ったこと。 コロナ警察とか自粛警察、 と言う言葉を少し前から見かけてはいたのだけど 「あれ?これってその一種?」 って思うようなことが身近であった 不安や怖れが全開になってる時って 相手のことを知ろうとしたり 耳を傾けて分かろうとする態度が スコーン!とどこかに抜けちゃうのね それで、自分にとっての正義こそが 世界全体にとっても正義になってしまって 本人からしたら 正しいことをしている、のに 相手にとっては 突然背後から殴りかかられた、くらいの ものすごい衝撃   ーーーーー もう少し書き加えてみると 例えば、行動ベースでは なんら社会のルール違反はしていなくても その相手の思想、思考が自分と異なると そこに対しても断罪するような態度になる これって、すごく怖いことだな とぶるぶる震えて悲しくなりました   ーーーーー 場合によっては 少しの時間、対話することで あっという間に誤解が解けることも 理解が生まれることもあり得るのに 耳を傾ける、と言う選択肢がないために 分断が生まれてしまう すごく悲しいなぁ とっても寂しいなぁ

対話することを恐れずにやっていこう





8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

お母さんについて話してください

今夜は、家族の座(ファミリーコンステレーション)を 共に学ぶ仲間とインクワイアリーをしました。 「お母さんについて話してください」 こう問われると、みなさんの中には どんなことが浮かんできますか? どんな人でも、「お母さん」から生まれますよね。 お母さんって、子どもにとって 特別な存在だと思うんです。 生まれたばかりの(まさに生まれたばかりの!) 赤ちゃんが、お母さんとそうでない人とを 識別してい

秘密とつながる

どんな家族にも、「あんまり人に言いふらしたくないこと」があると思います。 アルコールやお金の問題、性的なことや精神的な病気のことだけでなく 「実はうちのおじいさんってね・・・」みたいなことまで。 聞かれたら話せるけれども、話すときに羞恥心を感じる なんてこともあるかも知れませんね。 そしてその、「あんまり人に言いふらしたくないこと」は 家族にとっての秘密です。 ファミリーコンステレーションを学び始

家族というサバイバル

「家族」という時、私には2つの家族があります。 1つは、私が生まれ育った家族。 もう1つは、今、私と夫が育んでいる家族です。 生まれ育った家族を想った時 真っ先にやってくるのは「サバイバルだったな〜」ということです。 周りの状況を常に拾い、それらの情報を子どもなりに判断してベストを導き出す。 何に対してのベストなのか? 私が最も認めてもらえるであろう、ということに対して。 何が正解か分からずに、考