• NaoeKanda

困難からチャレンジ、チャレンジから調和

先ほど、オンライン上映会で

『ビッグリトルファーム』

という映画を観ました


自然を愛する夫婦が

夢や理想を実現するために動き

8年かけて美しい農場を作るまでの

ドキュメンタリー映画です

 



 

この映画を観ながら、改めて

自分が今やっていることが

どんな世界につながっているのか

或いは、何のために今の仕事をしているのか

それを自分のハートに感じました。

 

 

今の「社会」の中で

便宜上の呼び方や順番など

様々な「ラベル」がつくことは

よくあることですが

 

それが=その人の社会のとっての価値ではありません

 

そのこと自体は、きっと多くの人に

同意してもらえると思うのですが

 

じゃあ、「みんな同じように価値ある存在なんだ」

ということを、どれだけ体現できているか?

という問いを自分に向けてみると

「100%できている」と胸を張って言えない自分がいます。

 

 

皆さんは、どうですか?


「どんな人でも」等しく価値ある存在だと

体現しながら生きていますか?

 

 

生まれや育ち、立場や年齢、収入や性別

スキルや経験、資質や職業etc・・・

私たちは、様々な側面から

生身のその人と深く知り合う前に

「決めつけ」をしたり、自分より上に置いたり、下に置いたり

そういうことをしてしまいがちです

 

 

そこを超えて、1人の人間対1人の人間として

対等につながっている社会


そこに進むために

私は今、この仕事をしているんだなぁ

と思います

 

 

イメージは、こんな感じです




公園に、こうゆう遊具あるの

見たことありますか?

 

 

この接合部分の点が、1人の人間で

この点が周りの点より大きかったり小さかったりすると

バランスが崩れるし

 

この点の数が多くなればなるほど

綺麗な球体に近づいていく


 

 

同じ大きさの点になるには

まず、その(=1人の人間)が

自分自身のことを良く知る必要があります

 

知ることで、どんな風に周りの点と繋がれるのかわかるし

何よりも、自分自身がとても愛おしくなり、尊重できるようになる


そして、

自分を知れば知るほど、自然と周りの人への愛が生まれるからです

 

 

自分のことを知るためのツールとして

個人セッション子育てベーシックギアがあり

 

周りとつながるための一つのツールとして

#ドラマフリー入門講座 があり


つながりや循環を実感するきっかけとして

先日のような各種イベントがある

 

そんなイメージです

 

 

 

映画を観終わり

自分の向かっているその先が

より体感で感じられたので

(子どもの)夏休み中は仕事をセーブするのが

例年でしたが、今年はもう少し動いてみようかなぁ。

 

 

Naoe


 >>>>>>>


公式ライン始めました!

ここをクリックして登録お願いします!

(特に、群馬県内在住の方は、楽しいイベント情報など

 ラインで先行してお知らせするので、ぜひ!)

※アカウント検索の場合は → @689ttnwk

 

 

8月の#ドラマフリー入門講座は満員御礼です!

次回は9月。ご希望の方はお問い合わせくださいね。


閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今夜は、家族の座(ファミリーコンステレーション)を 共に学ぶ仲間とインクワイアリーをしました。 「お母さんについて話してください」 こう問われると、みなさんの中には どんなことが浮かんできますか? どんな人でも、「お母さん」から生まれますよね。 お母さんって、子どもにとって 特別な存在だと思うんです。 生まれたばかりの(まさに生まれたばかりの!) 赤ちゃんが、お母さんとそうでない人とを 識別してい

どんな家族にも、「あんまり人に言いふらしたくないこと」があると思います。 アルコールやお金の問題、性的なことや精神的な病気のことだけでなく 「実はうちのおじいさんってね・・・」みたいなことまで。 聞かれたら話せるけれども、話すときに羞恥心を感じる なんてこともあるかも知れませんね。 そしてその、「あんまり人に言いふらしたくないこと」は 家族にとっての秘密です。 ファミリーコンステレーションを学び始

「家族」という時、私には2つの家族があります。 1つは、私が生まれ育った家族。 もう1つは、今、私と夫が育んでいる家族です。 生まれ育った家族を想った時 真っ先にやってくるのは「サバイバルだったな〜」ということです。 周りの状況を常に拾い、それらの情報を子どもなりに判断してベストを導き出す。 何に対してのベストなのか? 私が最も認めてもらえるであろう、ということに対して。 何が正解か分からずに、考