• NaoeKanda

場をホールドする

ここしばらくの間に、いくつかの「場」を持ったのですが

その時に、私は自分の中でいくつかの実験をしてまして

 

自分の言葉(使う言葉、トーン、量など)や

自分の態度(見た目の態度というよりは、在り方の部分)が

どのように場に影響しているのだろうか?と

 

 

ーーーーー

 

 

場を開く時には、自分なりの「めあて」のようなものがあります。

で、それをどこに置くか?

 

割と自分に近いところに置いた時と

割と遠くに置いた時(ロングショット)

 

時折現れる、「そこにいる全員が無言」の時間を

どのように取り扱うか

 

そこにいる方々の言葉(発言、質問)を

焦点視野で見るか、周辺視野で見るか


 

そんな事に変化をつけてみたのですが・・・・

 

 

 

なんと、(いや、当たり前か)

同じことをしているにも関わらず

質感の違う場が創られたのでした

 

 

 

私が目指しているのはこっちだな

とか、そういうことも感じつつ

 

どちらが良い、悪いではなくて

そこがどんなフレームで存在しているのかとか

そういうことによって使い分けたらいいし

使い分けられるな、これは、と。

 

 

それで、一つ一つの場をこうして振り返ることは

ファシリとしての明晰さを保つ、磨く

良いトレーニングになるな、と思い

 

また一つ趣味が増えたのでした

 

 

テクニック的なものも必要だけど

テクニックではどうにもならないものがあるのが

「場」や「セッション」の面白いところ

 

 

Naoe

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

お母さんについて話してください

今夜は、家族の座(ファミリーコンステレーション)を 共に学ぶ仲間とインクワイアリーをしました。 「お母さんについて話してください」 こう問われると、みなさんの中には どんなことが浮かんできますか? どんな人でも、「お母さん」から生まれますよね。 お母さんって、子どもにとって 特別な存在だと思うんです。 生まれたばかりの(まさに生まれたばかりの!) 赤ちゃんが、お母さんとそうでない人とを 識別してい

秘密とつながる

どんな家族にも、「あんまり人に言いふらしたくないこと」があると思います。 アルコールやお金の問題、性的なことや精神的な病気のことだけでなく 「実はうちのおじいさんってね・・・」みたいなことまで。 聞かれたら話せるけれども、話すときに羞恥心を感じる なんてこともあるかも知れませんね。 そしてその、「あんまり人に言いふらしたくないこと」は 家族にとっての秘密です。 ファミリーコンステレーションを学び始

家族というサバイバル

「家族」という時、私には2つの家族があります。 1つは、私が生まれ育った家族。 もう1つは、今、私と夫が育んでいる家族です。 生まれ育った家族を想った時 真っ先にやってくるのは「サバイバルだったな〜」ということです。 周りの状況を常に拾い、それらの情報を子どもなりに判断してベストを導き出す。 何に対してのベストなのか? 私が最も認めてもらえるであろう、ということに対して。 何が正解か分からずに、考