• NaoeKanda

子ども春休み会議

ここ数年やっている

長期休みの時の「子ども会議」

今年もやってます〜

 

 

今回はコロちゃんというイレギュラー事項があるので、まずはそこの情報共有と、私の考えをシェアするところから。

 

厚労省や、自治体からの発表データ

私の海外にすむ友人知人からの生の声

私の考えの変遷

→これらは12歳8歳は理解できてる様子

 6歳は結論(自宅おこもり)は理解できた

 1歳は会議メンバーとして着席とうなずき笑

 

 



 

んで、

「こんなに長い時間を家で過ごすなんて滅多にないから、そんな時だからこそ出来ることしない?」

という投げかけに

 

家中の模様替え、というアイデアが長男から。

 

 

長女が小学校

長男が中学校

にそれぞれ進学するので

よいタイミング🎵

 

それに、これから1〜2年(コロナ終息まで)は

在宅時間が長くなるだろうし、ナイスアイデア🎵

 

 

 

 

それから、最後に

「お休み気分も良いけれど

君たちはいつかは学校が始まり

いつかは入試があり

いつかは社会に出るよね?」

 

「それが〝いつか〟はわからないけど

必ずやってくる。そんな時に、今みたいな過ごし方をだらだらと続けていたらどうかな?」

 

という話しをして

毎日自分で自分の過ごし方を

考える時間を作ろうらという事に。

 

 

ダラダラ過ごす

漫画を読む

身体を動かす

物を作る

家のことをする

なんでも良いのだけど

「考えて、決める」という時間を持って

 

どんな風に過ごす事に決めたのかを

毎朝シェアしあう事にしてます

 

 


 

 

昨夏

「お母さん史上最高に楽しい夏休みにするコツ」

というのを試しにやってみて

うまくいった所、そうでない所が

私にも、参加者の方の中にもあり

やってみて良かったなぁ、ということを思い出した

 

やはりね、こういうのは

テクニック的な部分と

お母さん側の意識がどこにあるか

ということの両輪だなぁ、と思ったので

 

今度は単発2時間とかじゃなくて

もう少し時間をかけたものにしようかな

とか

 


あ、また色んなことに手を出そうとしてるな私

とか

 

 

そんな自分を観察しながら

今日はおかしごとや時代に

みなさんにご記入いただいたお名前や住所の

カードを、薪ストーブに入れて燃やしました

これで個人情報が

漏れることはないのでご安心を◯

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

お母さんについて話してください

今夜は、家族の座(ファミリーコンステレーション)を 共に学ぶ仲間とインクワイアリーをしました。 「お母さんについて話してください」 こう問われると、みなさんの中には どんなことが浮かんできますか? どんな人でも、「お母さん」から生まれますよね。 お母さんって、子どもにとって 特別な存在だと思うんです。 生まれたばかりの(まさに生まれたばかりの!) 赤ちゃんが、お母さんとそうでない人とを 識別してい

秘密とつながる

どんな家族にも、「あんまり人に言いふらしたくないこと」があると思います。 アルコールやお金の問題、性的なことや精神的な病気のことだけでなく 「実はうちのおじいさんってね・・・」みたいなことまで。 聞かれたら話せるけれども、話すときに羞恥心を感じる なんてこともあるかも知れませんね。 そしてその、「あんまり人に言いふらしたくないこと」は 家族にとっての秘密です。 ファミリーコンステレーションを学び始

家族というサバイバル

「家族」という時、私には2つの家族があります。 1つは、私が生まれ育った家族。 もう1つは、今、私と夫が育んでいる家族です。 生まれ育った家族を想った時 真っ先にやってくるのは「サバイバルだったな〜」ということです。 周りの状況を常に拾い、それらの情報を子どもなりに判断してベストを導き出す。 何に対してのベストなのか? 私が最も認めてもらえるであろう、ということに対して。 何が正解か分からずに、考