• NaoeKanda

子ども春休み会議

ここ数年やっている

長期休みの時の「子ども会議」

今年もやってます〜

 

 

今回はコロちゃんというイレギュラー事項があるので、まずはそこの情報共有と、私の考えをシェアするところから。

 

厚労省や、自治体からの発表データ

私の海外にすむ友人知人からの生の声

私の考えの変遷

→これらは12歳8歳は理解できてる様子

 6歳は結論(自宅おこもり)は理解できた

 1歳は会議メンバーとして着席とうなずき笑

 

 



 

んで、

「こんなに長い時間を家で過ごすなんて滅多にないから、そんな時だからこそ出来ることしない?」

という投げかけに

 

家中の模様替え、というアイデアが長男から。

 

 

長女が小学校

長男が中学校

にそれぞれ進学するので

よいタイミング🎵

 

それに、これから1〜2年(コロナ終息まで)は

在宅時間が長くなるだろうし、ナイスアイデア🎵

 

 

 

 

それから、最後に

「お休み気分も良いけれど

君たちはいつかは学校が始まり

いつかは入試があり

いつかは社会に出るよね?」

 

「それが〝いつか〟はわからないけど

必ずやってくる。そんな時に、今みたいな過ごし方をだらだらと続けていたらどうかな?」

 

という話しをして

毎日自分で自分の過ごし方を

考える時間を作ろうらという事に。

 

 

ダラダラ過ごす

漫画を読む

身体を動かす

物を作る

家のことをする

なんでも良いのだけど

「考えて、決める」という時間を持って

 

どんな風に過ごす事に決めたのかを

毎朝シェアしあう事にしてます

 

 


 

 

昨夏

「お母さん史上最高に楽しい夏休みにするコツ」

というのを試しにやってみて

うまくいった所、そうでない所が

私にも、参加者の方の中にもあり

やってみて良かったなぁ、ということを思い出した

 

やはりね、こういうのは

テクニック的な部分と

お母さん側の意識がどこにあるか

ということの両輪だなぁ、と思ったので

 

今度は単発2時間とかじゃなくて

もう少し時間をかけたものにしようかな

とか

 


あ、また色んなことに手を出そうとしてるな私

とか

 

 

そんな自分を観察しながら

今日はおかしごとや時代に

みなさんにご記入いただいたお名前や住所の

カードを、薪ストーブに入れて燃やしました

これで個人情報が

漏れることはないのでご安心を◯

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

場をホールドする

ここしばらくの間に、いくつかの「場」を持ったのですが その時に、私は自分の中でいくつかの実験をしてまして 自分の言葉(使う言葉、トーン、量など)や 自分の態度(見た目の態度というよりは、在り方の部分)が どのように場に影響しているのだろうか?と ーーーーー 場を開く時には、自分なりの「めあて」のようなものがあります。 で、それをどこに置くか? 割と自分に近いところに置いた時と 割と遠くに置いた時(

Contact
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

電話 090-5564-7700

 

facebook

日々の諸々

 

 

Twitter 

クリーンランゲージ と意識の発達関連

 

 

Instagram  

子育て関連

 

​お問い合わせ、研修・講座依頼

© 2019 Naoe Kanda All Rights Reserved.