• NaoeKanda

欲しいもの、自分のギフト

誰かイライラしたり

モヤモヤする相手がいて

 

その人に対して

「なんでこうしないんだろう」

「もっもこうしてくれたらいいのに」

というような事を思う時は

誰にでもあるのではないかと思う

 

 

 

先日参加した、大空さんのワークショップで

両親へのそれを、自分からのギフトとして

与えるというのがあり

 

そのワークが、とても良かった。

 


「こうだったら良かったのに」の「こう」が

自分の中に確かにあるなぁ、と感じ

すっかりそのような相手への欲求はなくなり

(もしかしたらまだ少しあるかもしれないけど)

自分がそのギフトなのか使命をもって

ここにいるんだ、という気持ちにもなった

 

 

これは、両親に限らず

日常の中で出会う色んなこと、人

に対しても同じ

 

 

頭では

「あー、私はこの人に何を投影してるのかな?」

と考えることはあっても

 

ワークとしてやってみると

フラットな自分自身の取り戻し具合が

全然違う

 

 

もしまだ、ギフトを与えられるほどには

自分が消化成長できてないことでも

一旦そのように認知を変えることの

インパクトって、けっこう大きいなと思う


 

 


どのワークも良くて

まだ体験しただけで

深く消化できていない

 

 

それだけリッチな2日間だったな




0回の閲覧
Contact
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

電話 090-5564-7700

 

facebook

日々の諸々

 

 

Twitter 

クリーンランゲージ と意識の発達関連

 

 

Instagram  

子育て関連

 

​お問い合わせ、研修・講座依頼

© 2019 Naoe Kanda All Rights Reserved.