• NaoeKanda

知ることと、体験すること


私はここ数年、自分の「体験」「体感」「直感」を

割と優先して採用してきました

 

ところが、ここ数ヶ月の自分を振り返ると

そこには「知識」というものがあって

 

知識、という型があるからこそ

自分の体験、体感、直感が整理整頓され

 

そして、知識 or 体験 という別個のものではなく

智慧として統合されていくのかもしれないなぁ

と感じるようになりました

 

 

 

知識でも、体験でも

どちらから入っていっても良いと思います

 

そして、どこかのタイミングで

もう一方について触れる機会を

自分で設けると

 

本当に自分の望む方に進み始めることが

できるのかもしれないですね


9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

たった今の自分に安心する

みなさんの今年1年は、満足のいく年でしたか? 昨晩はクリーンのセッションでした。 ちょうど、今年もあと半月で終わり というタイミングでしたので 残り半月がどんな風だったら良いか あるいは、来年はどんな風にスタートしたいか そんな雑談から始まり、、、、 (中略) セッションを終えてみて 「すごく安心しました。自分に。」 というような感想をいただきました。 ーーー 私も含め、多くの人は 「こうなりたい

その先に

私のやっている講座やセッションでは いわゆる【効果】や【気付き】が嬉しくて ついそこを伝えることをしてしまうのだけど 【その先にどんな世界を見ているのか?】 と、改めて自分に問いかけると 赤ちゃんや小さな子どもが そこに居るだけで 歓迎されたり喜ばれたりするように 私自身も、そして周りの人も 自分やお互いを祝福し合って 喜びながら生きている そんな繋がりを持ちたい そんな社会にしたい という想いが

Contact
​お問い合わせ、研修・講座依頼
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

© 2019 Naoe Kanda All Rights Reserved.