• NaoeKanda

知ることと、体験すること


私はここ数年、自分の「体験」「体感」「直感」を

割と優先して採用してきました

 

ところが、ここ数ヶ月の自分を振り返ると

そこには「知識」というものがあって

 

知識、という型があるからこそ

自分の体験、体感、直感が整理整頓され

 

そして、知識 or 体験 という別個のものではなく

智慧として統合されていくのかもしれないなぁ

と感じるようになりました

 

 

 

知識でも、体験でも

どちらから入っていっても良いと思います

 

そして、どこかのタイミングで

もう一方について触れる機会を

自分で設けると

 

本当に自分の望む方に進み始めることが

できるのかもしれないですね


9回の閲覧

最新記事

すべて表示

場をホールドする

ここしばらくの間に、いくつかの「場」を持ったのですが その時に、私は自分の中でいくつかの実験をしてまして 自分の言葉(使う言葉、トーン、量など)や 自分の態度(見た目の態度というよりは、在り方の部分)が どのように場に影響しているのだろうか?と ーーーーー 場を開く時には、自分なりの「めあて」のようなものがあります。 で、それをどこに置くか? 割と自分に近いところに置いた時と 割と遠くに置いた時(

Contact
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

電話 090-5564-7700

 

facebook

日々の諸々

 

 

Twitter 

クリーンランゲージ と意識の発達関連

 

 

Instagram  

子育て関連

 

​お問い合わせ、研修・講座依頼

© 2019 Naoe Kanda All Rights Reserved.