• NaoeKanda

知ることと、体験すること


私はここ数年、自分の「体験」「体感」「直感」を

割と優先して採用してきました

 

ところが、ここ数ヶ月の自分を振り返ると

そこには「知識」というものがあって

 

知識、という型があるからこそ

自分の体験、体感、直感が整理整頓され

 

そして、知識 or 体験 という別個のものではなく

智慧として統合されていくのかもしれないなぁ

と感じるようになりました

 

 

 

知識でも、体験でも

どちらから入っていっても良いと思います

 

そして、どこかのタイミングで

もう一方について触れる機会を

自分で設けると

 

本当に自分の望む方に進み始めることが

できるのかもしれないですね


9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

お母さんについて話してください

今夜は、家族の座(ファミリーコンステレーション)を 共に学ぶ仲間とインクワイアリーをしました。 「お母さんについて話してください」 こう問われると、みなさんの中には どんなことが浮かんできますか? どんな人でも、「お母さん」から生まれますよね。 お母さんって、子どもにとって 特別な存在だと思うんです。 生まれたばかりの(まさに生まれたばかりの!) 赤ちゃんが、お母さんとそうでない人とを 識別してい

秘密とつながる

どんな家族にも、「あんまり人に言いふらしたくないこと」があると思います。 アルコールやお金の問題、性的なことや精神的な病気のことだけでなく 「実はうちのおじいさんってね・・・」みたいなことまで。 聞かれたら話せるけれども、話すときに羞恥心を感じる なんてこともあるかも知れませんね。 そしてその、「あんまり人に言いふらしたくないこと」は 家族にとっての秘密です。 ファミリーコンステレーションを学び始

家族というサバイバル

「家族」という時、私には2つの家族があります。 1つは、私が生まれ育った家族。 もう1つは、今、私と夫が育んでいる家族です。 生まれ育った家族を想った時 真っ先にやってくるのは「サバイバルだったな〜」ということです。 周りの状況を常に拾い、それらの情報を子どもなりに判断してベストを導き出す。 何に対してのベストなのか? 私が最も認めてもらえるであろう、ということに対して。 何が正解か分からずに、考