• NaoeKanda

確かにこれが仕事だなんて、おかしいね

仕事で話を聴かせてもらうときは

そこには明確な境界線を意識しています

なので、どのような内容であっても

そこにある相手の感情に

自分も引っ張られるということは

ないのだけど

それでも、はらりと涙が溢れる時があります。

それは、目の前の方が

ご自身の内側に真摯に向かっていき

そして、これまでよりも一層奥の自分を

ご自身の力で握った瞬間です。

その様はね、どんな人でも

本当に美しくて

目撃するたびに感動しています



佐渡にいる時、夫にとある出来事があって

「話を聞くだけで仕事になるんだね!」

「あぁいう仕事があるんだ〜」

と言っていたことがあります

結局のところ

私にできることは

そこに一緒に居ること

そして、ただ聴くことだけで

確かにそれが仕事になるなんて

おかしな気もするけれど

数年前の私だったら

「そこに一緒に居る」も

「ただ聴く」も

どちらもできなかったと思うので

やっぱりこれは私の仕事なんだと思います。

そして、これからも

たくさんの人の

美しい姿を目撃させてもらうのだ。

神田なおえ

✨✨

🔹変性意識の中から浮かび上がるメタファーにアクセスして

 自分の中の心の仕組みを紐解くクリーンランゲージ

【個人セッション/ことばにならない声をきく】

🔸クリーンランゲージ にはピンとこないけど

 なおえさんと話したい、聴いてほしい

【あなたのお話聴きます的な、気軽な個人セッション】

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

お母さんについて話してください

今夜は、家族の座(ファミリーコンステレーション)を 共に学ぶ仲間とインクワイアリーをしました。 「お母さんについて話してください」 こう問われると、みなさんの中には どんなことが浮かんできますか? どんな人でも、「お母さん」から生まれますよね。 お母さんって、子どもにとって 特別な存在だと思うんです。 生まれたばかりの(まさに生まれたばかりの!) 赤ちゃんが、お母さんとそうでない人とを 識別してい

秘密とつながる

どんな家族にも、「あんまり人に言いふらしたくないこと」があると思います。 アルコールやお金の問題、性的なことや精神的な病気のことだけでなく 「実はうちのおじいさんってね・・・」みたいなことまで。 聞かれたら話せるけれども、話すときに羞恥心を感じる なんてこともあるかも知れませんね。 そしてその、「あんまり人に言いふらしたくないこと」は 家族にとっての秘密です。 ファミリーコンステレーションを学び始

家族というサバイバル

「家族」という時、私には2つの家族があります。 1つは、私が生まれ育った家族。 もう1つは、今、私と夫が育んでいる家族です。 生まれ育った家族を想った時 真っ先にやってくるのは「サバイバルだったな〜」ということです。 周りの状況を常に拾い、それらの情報を子どもなりに判断してベストを導き出す。 何に対してのベストなのか? 私が最も認めてもらえるであろう、ということに対して。 何が正解か分からずに、考