• NaoeKanda

考えを伝える技術

おはようございます!

 

昨晩、大人の学びbarのマスターと

打ち合わせをしていた時に

人をどう活かすか

チームをどう活性化するか

という話題になり

「焚き火」に擬えて話してました

 


太くて火力のある薪は

それ単体では燃え続けることが難しい

 

消えそうな火に

いきなり沢山の空気を送ると消える


薪の質、太さ、感覚、並べ方

それらの組み合わせで

ブワッと一気に燃えては燃え尽きる火にも

長く燃え続ける火にもなる

 



 

そして自分の意見、特に反対意見や

反対とまで行かずとも、相手と異なる意見を

どう伝えるか?って話になっていき、、、

 

 

【意見を伝える】っていう教育が

日本の学校にそもそもほぼないよね

となったのでした。

 

 

ーーーー

 


感情をぶつけるのではなく

考えを吠えるのでもなく


【他者と共生、共創するために

 客観的事実と自分の考えを伝える】

 

【その上で、お互いがどのように

 関係しあっていくのかを考える

 スペースを持つ】


というのは、学ぶことのできる技術です。

 


そんな訳で


「あぁ、やっぱりドラマフリーを

         もっと広めたい❤️」

 

と思ったのでした。

 

 

 

オンライン、対面、両方ありますので

ご都合に合わせて選んで下さいね。

 ↓ ↓ ↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▶︎12/10『成人意識の発達理論 入門講座』@オンライン

 https://resast.jp/events/501131 

▶︎12/15『#ドラマフリー 入門講座』@オンライン

 https://resast.jp/events/501860

▶︎1/17『#ドラマフリー 入門講座』@前橋

 https://resast.jp/events/501835

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

お母さんについて話してください

今夜は、家族の座(ファミリーコンステレーション)を 共に学ぶ仲間とインクワイアリーをしました。 「お母さんについて話してください」 こう問われると、みなさんの中には どんなことが浮かんできますか? どんな人でも、「お母さん」から生まれますよね。 お母さんって、子どもにとって 特別な存在だと思うんです。 生まれたばかりの(まさに生まれたばかりの!) 赤ちゃんが、お母さんとそうでない人とを 識別してい

秘密とつながる

どんな家族にも、「あんまり人に言いふらしたくないこと」があると思います。 アルコールやお金の問題、性的なことや精神的な病気のことだけでなく 「実はうちのおじいさんってね・・・」みたいなことまで。 聞かれたら話せるけれども、話すときに羞恥心を感じる なんてこともあるかも知れませんね。 そしてその、「あんまり人に言いふらしたくないこと」は 家族にとっての秘密です。 ファミリーコンステレーションを学び始

家族というサバイバル

「家族」という時、私には2つの家族があります。 1つは、私が生まれ育った家族。 もう1つは、今、私と夫が育んでいる家族です。 生まれ育った家族を想った時 真っ先にやってくるのは「サバイバルだったな〜」ということです。 周りの状況を常に拾い、それらの情報を子どもなりに判断してベストを導き出す。 何に対してのベストなのか? 私が最も認めてもらえるであろう、ということに対して。 何が正解か分からずに、考