• NaoeKanda

3つの忙しさ


  「最近、いろんな予定が続いていたな」

  と思って、今日はゆっくり過ごそうと決めていました

  

  1才ちゃんとゴロゴロいちゃいちゃ過ごし


  同じく「ゆっくりしたい」という長男くんを連れて

  一歳ちゃんと3人でお昼ご飯はお出かけ

 

  そのまま、赤城山の大沼まで行きました

 

 

  お夕飯も簡単なものにして、できる範囲で色々手抜き

 

確かに昼間はゆっくり過ごして


頭の中もスピードダウン

 

なんだけど、体は疲れてるな〜

という感じがすごくします

 

 

ところが、インクワイアリーという手法を使って

「疲れてる」ということを見ていた時

”あぁ、この疲れって、だいぶ前からのものだ”

ということに気がつきました

 

いつからのか?と言えば

昨年9月から突然始まった

娘の夜泣きが丸1年

 

さらに辿れば

妊娠後半も、良質な睡眠とは言い難い


あぁ、もう、年単位で、睡眠負債が溜まってそう・・・

 



そして、さらにインクワイアリーを

していくと

 

今の私には3つの忙しさが

あるということに気づきました

 

●物理的な忙しさ

 (家事や子どものこと)

●思考の忙しさ

                       ●内的なプロセスの忙しさ

 

 

う〜ん、そりゃ忙しくて

体も内側も休憩が必要になりますよね

ハハッ!


 

 

で、これらがそのようである時

私は何が起きればいいのでしょう?


と、一人クリーン・・・

 

 

 



 

★クリーンランゲージ のセッション詳細、ご予約はこちらから

https://www.naoekanda.com/blank-4




8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

お母さんについて話してください

今夜は、家族の座(ファミリーコンステレーション)を 共に学ぶ仲間とインクワイアリーをしました。 「お母さんについて話してください」 こう問われると、みなさんの中には どんなことが浮かんできますか? どんな人でも、「お母さん」から生まれますよね。 お母さんって、子どもにとって 特別な存在だと思うんです。 生まれたばかりの(まさに生まれたばかりの!) 赤ちゃんが、お母さんとそうでない人とを 識別してい

秘密とつながる

どんな家族にも、「あんまり人に言いふらしたくないこと」があると思います。 アルコールやお金の問題、性的なことや精神的な病気のことだけでなく 「実はうちのおじいさんってね・・・」みたいなことまで。 聞かれたら話せるけれども、話すときに羞恥心を感じる なんてこともあるかも知れませんね。 そしてその、「あんまり人に言いふらしたくないこと」は 家族にとっての秘密です。 ファミリーコンステレーションを学び始

家族というサバイバル

「家族」という時、私には2つの家族があります。 1つは、私が生まれ育った家族。 もう1つは、今、私と夫が育んでいる家族です。 生まれ育った家族を想った時 真っ先にやってくるのは「サバイバルだったな〜」ということです。 周りの状況を常に拾い、それらの情報を子どもなりに判断してベストを導き出す。 何に対してのベストなのか? 私が最も認めてもらえるであろう、ということに対して。 何が正解か分からずに、考