• NaoeKanda

その先に

私のやっている講座やセッションでは

いわゆる【効果】や【気付き】が嬉しくて

ついそこを伝えることをしてしまうのだけど

 

 

【その先にどんな世界を見ているのか?】

と、改めて自分に問いかけると

 

 

赤ちゃんや小さな子どもが

そこに居るだけで

歓迎されたり喜ばれたりするように

 

 

私自身も、そして周りの人も

自分やお互いを祝福し合って

喜びながら生きている

そんな繋がりを持ちたい

そんな社会にしたい

という想いがあります。


 

 

その為には、【癒し】という

ステップがあります

 

 

カウンセリングやセラピー

なんらかのワークやヒーリングなど

様々なものがあります

 

その中で、私がひかれてやまないのは

【自分を知る】ということ

 

 

これは、「どうしてそれが癒し?」と

体験したことのない方は思うかもしれませんが

 

自分自身を知る、立体的に「そうなんだな」と

捉えられるということは

実は他のどんなものよりも

一番確実な癒しになるのではないかと思ってます

 

 

その【自分を知る】にも色んなレイヤーがあり

癒しが進めば進むほど、奥深いところにある

自分と出会います。

 

 

その中で、たった今の私が提供できるのは

▶︎自分軸を持ちたいな、と思い始めた人から

▶︎▶︎ある程度しっかり自分を掴めたけど、

  思考レベルでの立体像ではなくて

  もう一歩深いところにはどんな自分が

  いるんだろう?

  という事に意識が向き始めた人まで

へのものです。

 

(それ以上の所も扱えるように

 今は日々学びと自分自身のワークに

 取り組んでます)


 

 

そのためのツールをお伝えするのが

ドラマフリー や発達理論の講座で

 

その変容のプロセスに伴走するのが

個人セッションやグループワークです


 

 

 

 

ーーー現在募集中の講座一覧はこちら

https://smart.reservestock.jp/event_form/event_calendar/29933

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

お母さんについて話してください

今夜は、家族の座(ファミリーコンステレーション)を 共に学ぶ仲間とインクワイアリーをしました。 「お母さんについて話してください」 こう問われると、みなさんの中には どんなことが浮かんできますか? どんな人でも、「お母さん」から生まれますよね。 お母さんって、子どもにとって 特別な存在だと思うんです。 生まれたばかりの(まさに生まれたばかりの!) 赤ちゃんが、お母さんとそうでない人とを 識別してい

秘密とつながる

どんな家族にも、「あんまり人に言いふらしたくないこと」があると思います。 アルコールやお金の問題、性的なことや精神的な病気のことだけでなく 「実はうちのおじいさんってね・・・」みたいなことまで。 聞かれたら話せるけれども、話すときに羞恥心を感じる なんてこともあるかも知れませんね。 そしてその、「あんまり人に言いふらしたくないこと」は 家族にとっての秘密です。 ファミリーコンステレーションを学び始

家族というサバイバル

「家族」という時、私には2つの家族があります。 1つは、私が生まれ育った家族。 もう1つは、今、私と夫が育んでいる家族です。 生まれ育った家族を想った時 真っ先にやってくるのは「サバイバルだったな〜」ということです。 周りの状況を常に拾い、それらの情報を子どもなりに判断してベストを導き出す。 何に対してのベストなのか? 私が最も認めてもらえるであろう、ということに対して。 何が正解か分からずに、考